阿部派一刀流  阿部一刀斎の日常

侍として、剣士としての日常を書き込みます。

阿部派一刀流 阿部 吉宏

初めまして。

 

※山形経済新聞に掲載された記事です。


 

 

阿部派一刀流 抜刀道家 

阿部 吉宏

と申します。

f:id:abe_faction_saber_way:20180704212954j:plain

日本刀の真剣で標的を斬る武道、

抜刀道(ばっとうどう)を鍛錬している武道家です。

 

阿部派一刀流の理念を【道場訓】としてまとめると

 

 

道場訓

一、剣の修練を通して武士道精神を養うこと

 

一、剣の修練を通して揺るがない心、不動心を養うこと

 

一、剣の修練を通して両親と神仏より授けられた清浄な魂を磨くこと

 

一、希望と感謝を持って日々を生き抜くこと

 

一、社会、家庭への思いやりと貢献の心を持つこと

 

一、剣に選ばれたという矜持を持ち、

弱きを助け悪を許さぬ心を持つこと

 

一、一人でも多く、心から愛する人を増やすこと

 

一、以上のことを忘れることなく、

平和の精神、即ち禅の境地に至ること

 

次に、活動の内容をご説明致します。

 

【 体 験 】

毎週火、木曜日以外の曜日で行います。

 

・抜刀体験  (2時間) 

※畳筒 1本付き  15,000円

 

 

・抜刀道体験 (4時間)武士道の講義がつきます

※畳筒 2本付き  20,000円

 

 

 

 

【 入 道 】

抜刀道は『道』を極めることを追及するので入会金ではなく

【入道金(にゅうどうきん)】

 

月会費ではなく

【道金(どうきん)】という表現を使います。

 

入道金 10,000円

道金  5,000円

(畳筒、毎月3本付き)

➡修行は、

原則、毎週火、木曜日

 

※練習開始のお時間は原則的に

午前の部9:30~ 12:00

 

午後の部15:00~18:00

 

ご希望のお時間にも出来ますので、

ご相談下さい

※刀レンタル:畳筒を追加する時は、

    1本5,000円

※刀持ち込み:畳筒を追加する時は、

    1本3,000円

斬ることが出来る畳筒の本数上限は

  1日3本までとします。

※入道者には写真入り道員証

(裏面には道場訓が記述)

 

 

 

【必須道具】

・阿部派一刀流 

認定 模造刀セット     9万円

 

認定(にんてい) 市場に出回っている模造刀を宗家が修行に耐え得ると判断したものです。

 

(認定模造刀、居合道着付き、畳筒を斬る時には日本刀を貸し出します。)

f:id:abe_faction_saber_way:20170404155150j:plain

f:id:abe_faction_saber_way:20170404160513j:plain

一部、部品が強化プラスチックや

銅に塗装してある物になっています。

 

長く使用すると、

塗装が剥げたりプラスチック部分が欠けたりする可能性もあります。

 

 

・阿部派一刀流 

謹製 模造刀セット     14万円

 

謹製(きんせい) 宗家がオリジナルで発注する模造刀です。  

 

(謹製模造刀、居合道着付き、畳筒を斬る時には日本刀を貸し出します)

 f:id:abe_faction_saber_way:20170404155218j:plain

刀身以外は本物と同じ作りになっています。

f:id:abe_faction_saber_way:20170404155319j:plain

鍔や他の金属部分も高品質なものにまとめられています。

 

 

 

・阿部派一刀流 居合刀セット      100万円

 居合刀(いあいとう)刀匠が鍛えた実際に斬れる真剣のことです。

 

(居合刀、居合道着付き)

f:id:abe_faction_saber_way:20170202154926j:plain

写真の居合刀は実際に畳筒を斬ることが可能な、

鑑賞用ではない

刀匠が鍛えた鋭い刃を備えた居合刀です。

鑑賞用の日本刀は、鋼の熱処理の関係で

畳筒に斬り込むと刃が砕けてしまうものもあります

阿部派一刀流では

実際に畳筒や竹を斬られる頑丈な鍛居合刀を

ご提供致します。

 

※こちらの居合刀には、『銃砲刀剣登録証』をお付けしてお渡し致します

 

 

道場で着る道着

f:id:abe_faction_saber_way:20170404154711j:plain

家紋はご自身でデザインをお選び頂けます。

ご相談ください。

写真は、宗家のものです。

袴の色、着物の色もご相談下さい。

 

道場は、小さな戦場、

言わば『勝負の場』です。

衣装は『パワーの源』です。

テンションの上がるものを着用しましょう。

 

 

※居合刀や模造刀を持ち運ぶ時に使用する刀剣袋は別売りです

 

 刺繍入り2万円

f:id:abe_faction_saber_way:20180709081355j:plain

流派名と御芳名をお入れ致します。

 

★★★★★★ 

 

阿部派一刀流では、

日々の生活で

身体に纏わりつく目に見えない

ネガティブなオーラを断ち斬る行事も行っております 

 

一般的に、真剣で畳筒を斬る事を

試し斬り、あるいは試斬と言います

 

そして、

試し斬りの本来の意味は

刀の切れ味を試すという意味です。

 

試斬(しざん)は

死産と響きが一緒であるので

縁起が悪いと阿部派一刀流では考えます

 

 

阿部派一刀流では

普段の修業での畳筒斬りにおいても

 

悪と善を斬り離す

悪運・悪縁を叩き斬る

ネガティブなもの全てを斬り倒すという意味を込めて

 

成敗(せいばい)

という言葉を使用します

 

 

       

            阿部派一刀流 

        悪運・悪縁斬り抜刀 

f:id:abe_faction_saber_way:20180704220733j:plain

 

 

 

■ 梅:腕輪念珠(水晶)、

     腕輪念珠浄化用さざれ石付きコース

    100,000円(税別)

 

■ 竹:腕輪念珠(水晶)、

     腕輪念珠浄化用さざれ石、

     悪運を斬る力を宿す祈祷された

     阿部派一刀流認定・模造刀付きコース

    300,000円(税別)

  

■ 松:腕輪念珠(水晶)、

      腕輪念珠浄化用さざれ石、

   悪運を斬る力を宿す祈祷された

      居合刀(真剣)付きコース

    1,000,000円(税別)

 

※腕輪念珠の見本になります

 

腕輪念珠の扱い方について

 

一日の終わりに、

腕から外して

小皿の上に敷いたさざれ石

の上に置いて下さい。

 

 

 

 

腕輪念珠は

普段から左手首に巻いておくことが

一番好ましいのですが、

 

お仕事柄手首に巻いておけない、

あるいは失くしたりしては不安だ、

 

その様な方は、

ご自分の机等

毎日必ず目にする場所に置いた

さざれ石の小皿の上に置いて

※玄関などでも構いません

 

 

一日に一度は

必ず左手に握り締め

ネガティブな感情を

吸い取って貰うイメージで

祈って下さい。

 

 

 

◎悪運・悪縁斬り抜刀の流れ(約90分)◎

①日々の生活でまとわり憑いた

   【悪運・悪縁】を、

     宗家の祈祷により祓い清めます。

 

普段お使いのお財布や、

ケータイ、

自動車やお家の鍵もご一緒に祓い清めます。

 

 

 

 

 ※祈祷の際に、

 光明真言(こうみょうしんごん)と呼ばれる

 祈りの言葉を

 108回復唱致します。

 

 

~光明真言

オン アボキャ ベイロシャノウ 

マカ ボダラマニ

ハンドマ ジンバラ 

ハラバリタヤ ウン 

 

 

宗家とご一緒にこの光明真言

108回唱える事により、

より儀式に集中することが出来て、

更に福徳が増します。

 

※光明真言を印刷した紙を祈祷の前にお渡し致します。

  

➁祈祷の前に、名前と生年月日を記しておいた

 人形半紙で全身を拭い

 古い【悪運・悪縁】を完全に拭き取ります。

 

f:id:abe_faction_saber_way:20180705232826j:plain

 ※人形半紙には、この様に記載致します。(見本は、宗家自身のものです)

 

 ③その人形半紙を畳筒に巻き付けます。

  そうして 【悪運・悪縁】を宿した畳筒を、

    ご自身が御神刀で斬ります。

f:id:abe_faction_saber_way:20180712082136j:plain

※宗家が畳筒に人形半紙を結び付けます

 

 

f:id:abe_faction_saber_way:20180712082459j:plain

※この状態になった、畳筒をご自身のタイミングで成敗致します

心を落ち着けて、焦らずに行って下さい

 

     最後に、

     阿部派一刀流・宗家の奥義で、

     全ての【悪運・悪縁】を断ち斬る

     儀式を執り行います

f:id:abe_faction_saber_way:20180704220733j:plain

 

もしも、失敗したら・・・・・。

 

畳筒に斬り込んだけれど、

両断出来ない時もあります。

しかし、

御心配はいりません。

 

そんな時も、宗家が最後に悪運・悪縁を成敗します

ご自身の悪運・悪縁に

斬り込みを入れることが大切です 

 

 

 ・祈祷により、

  【悪運・悪縁】を斬り祓う力を与えられた

     阿部派一刀流認定の模造刀もしくは、

     居合刀(真剣)をお持ち帰り頂き、

 不意に不安に襲われたとき

 ネガティブな感情に心が支配されたとき

 夜、寝られないときなどには

 鞘から抜き放ってじっくりと眺めて

 ゆっくりと素振りして下さい。

    そうすることで

  日常に戻っても【悪運・悪縁】から身を護られます。

 

▲悪運・悪縁斬り抜刀コース詳細(約90分)

 着替え→始礼→素振り指導

(木刀で28回→模造刀で6回→真剣で6回)

回数には、意味があります。

6と28は完全数だからです。

完全数とは、自分自身を除く正の約数の和に等しくなる自然数のことです

 

→祈祷→人形半紙の成敗→終礼→模造刀・居合刀継承→着替え

 

・開催日時:毎月第3土曜日

19:00~20:30

※祈祷の開始は、着替えと素振り指導終了後の19:30から開始致します。

 

▲注意事項

・悪運・悪縁斬り抜刀に際して、

最大4名ま一緒に執り行うことがあります。

・交通費、宿泊費は一切含まれておりません。

・事前に希望して頂ければ、15時00分から抜刀道体験をすることも可能です。

 

 

 

※道着への着替えに際して、

道着の下に着るアンダーウェアの着用が必要です。

Tシャツやハーフパンツなどで構いません。

 

 

 

★★★★★★ 

 

 

【体験の内容説明】抜刀体験と、抜刀道体験のご説明

f:id:abe_faction_saber_way:20180704221306j:plain

 

 

阿部派一刀流 抜刀体験 

2時間コース 15,000円(道着レンタル、畳筒 1本付き)

※刀レンタル:畳筒を追加する時は、1本10,000円 宗家の居合刀で斬ります

※刀持ち込み:畳筒を追加する時は、1本8,000円 ご自身の居合刀で斬ります

 

【抜刀体験の魅力】
一、 普段身近でない日本刀に触れて、実際に畳筒を斬ることが出来る

二、 全国抜刀術大会での優勝経験のある宗家が直接指導する

三、 道着も貸し出すので、身も心も引き締まる

 

【抜刀体験の流れ】PM1:30より開始

・道着に着替える 

(道着の着方もご指導します)

 

・開始の礼儀作法 

(正座して開始の座礼)

 

・模造刀を使って、型の練習。

型は2種類

(左右袈裟斬り↙↘、左右逆袈裟斬り↗↖)を練習する
 

刃筋を通す(正しい角度で斬る)ことで真剣での試し斬りでしっかりと斬れる様にする
 

模造刀を振った時に『ヒュンッ』と風を切る音がすることが刃筋が通った目安

 

・硬質ウレタンの刀を使っての打込みの練習、
型の意味や実戦で使えるという事を理解してもらいます。

宗家の構えた防具を打込み、

手にくる反動や実際に強く柄を握ることで
刃がブレない事を理解してもらいます。

 

・ラインを引いた畳筒を、ラインに沿って1本斬ります。

 

右袈裟斬りを行います。

( 右上から左下方向  )
 

 心を無にして斬る。
 

・終了の礼儀作法(正座して終了の座礼、礼法の意味を解説)

終了   PM3:30予定

 

※道着への着替えに際して、

道着の下に着るアンダーウェアの着用が必要です。
Tシャツやハーフパンツなどで構いません。

 

☆阿部派一刀流 抜刀道体験

4時間コース 20,000円(道着レンタル、畳筒 2本付き)

※刀レンタル:畳筒を追加する時は、1本10,000円 宗家の居合刀で斬ります

※刀持ち込み:畳筒を追加する時は、1本8,000円 ご自身の居合刀で斬ります

 

【抜刀道体験の魅力】
一、 普段身近でない日本刀に触れて、実際に畳筒を斬ることが出来る

二、 全国抜刀術大会での優勝経験のある宗家が直接指導する

三、 道着も貸し出すので、身も心も引き締まる
四、 抜刀道なので、『道』という日本人が尊ぶ精神文化を同時に学べる

  

※四の部分、こちらが、2時間コースの抜刀体験との違いです

 

【抜刀道体験の流れ】PM1:30開始
・道着に着替える 

(道着の着方もご指導します)

 

・開始の礼儀作法

(正座して開始の座礼)

 

・模造刀を使って、型を組み合わせたコンビネーションの練習

 

一、 右袈裟斬りから左逆袈裟斬り

二、 左袈裟斬りから試し斬り台の右側に回り込んでの右逆袈裟斬り

三、 右袈裟斬りから試し斬り台の左側に回り込んでの左逆袈裟斬り

  

・刃筋を通す(正しい角度で斬る)ことで真剣での試し斬りでしっかりと斬れる様にする
 

模造刀を振った時に『ヒュンッ』と風を切る音がすることが刃筋が通った目安

 

・硬質ウレタンの刀を使っての打込みの練習。

宗家の構えた防具を打込み、

手にくる反動や実際に強く柄を握ることで

刃がブレない事を理解してもらう

 

・ラインを引いた畳筒を、ラインに沿って2本斬ります。
練習したコンビネーションのうち 一、二を行う

心を無にして斬る。

 

・終了の礼儀作法

(正座して終了の座礼、礼法の意味を解説)

終了 PM5:30予定

 

※道着への着替えに際して、

道着の下に着るアンダーウェアの着用が必要です。
Tシャツやハーフパンツなどで構いません。

 

★★★★★★★ 

 

 ここから、入道者への普段の修内容説明になります

 

 

阿部派一刀流 道程 (修行)

f:id:abe_faction_saber_way:20180704220927j:plain


初めは切り紙から修行を開始し、

技と心、英知を学び最終的には

大目録免許皆伝まで到達することが目標です。
 
   大目録免許皆伝
  

 
大目録免許( 師範代 )
   
中目録免許

箇条目録 ここから先は日本刀の購入者
   
中伝目録
  
初伝目録

初目録   

切り紙

 

毎回、練習開始時には準備運動を兼ねた

『素振り禅』と名付けた素振りを行います。
自宅での練習や、道場の練習開始に自分を見詰めて

精神的な成長を促すものです。

・畳筒斬りより遥かに重要です。
・神棚を前に流派直伝の呼吸法で刀を振っていると、

心が洗われていきます。(禅でいう洗心)

高僧の悟りの瞬間を体験出来る様だと言われます

 

阿部派一刀流では、

居合刀で斬る畳筒にはマーカーでラインがひいてあり、

そのラインに沿って斬ります。

その意味するところは、

①斬り技の正確性が明確であること
②競技会を開催した時、選手同士の技の正確性が比較しやすい
③ラインを引いていない畳筒を斬るときよりも遥に集中力が上がる 


◇ 切り紙 (木刀あるいは模造刀にて行う)
☆左右袈裟斬り(右袈裟 左袈裟)※矢印は刀の斬る方向
☆左右逆袈裟斬り(右逆袈裟 左逆袈裟
☆左右水平斬り (右水平斬り 左水平斬り
☆諸手(両手)突き
☆片手一本突き(利き腕、及び反対側)
☆真っ向斬り下げ(刀は真上から真下
☆真っ向斬り上げ(刀は真下から真上
☆抜き打ち(斬り上げ、水平、斬り下げ)
☆初発刀(居合の基本の型、居合の真理そのものの型)
修了試験は上記の技から指定された3つ、模造刀で演武

切り紙修了者は初目録

◇初目録の修行内容
組み合わせ(技のコンビネーション)

初伝~中伝

○初伝 (予め、抜刀した状態) 
☆一本目  右袈裟斬り 左 袈裟斬り
☆二本目  右袈裟斬り 左逆袈裟斬り
☆三本目  左袈裟斬り 右逆袈裟斬り
☆四本目  左右水平斬り→←

・小太刀(短い刀、脇差のこと)も同様

ここまでで、初伝終了
修了試験は初伝の技を2つ、

マーカーで赤線を引いた畳筒を、

赤線に沿って斬る

 

◇ 初伝修了者  初伝目録

△初伝目録の修行内容
○中伝 (納刀状態からスタート)
☆一本目 抜き打ち左逆袈裟斬り 右袈裟
☆二本目 抜き打ち左袈裟斬り 右逆袈裟
☆三本目 抜き打ち水平斬り 逆水平諸手(両手で握ること)斬り
☆四本目 抜き打ち水平斬り→ 逆水平片手斬り

・小太刀も同様
修了試験は中伝の技を3つ、

マーカーで赤線を引いた畳筒を、

赤線に沿って斬る

 


中伝修了者 中伝目録
ここまでで終了の練習生もいる。
ここからは自身で居合刀を購入し、

更なる鍛錬を希望する練習生向け。

 

◇中伝目録修行内容 
ここから奥伝(おくでん)が開始

○成敗指南
☆六段斬 り(左右袈裟斬り↙↘、左右逆袈裟斬り↖↗、左右水平斬り→←の6刀)
☆七段斬り(最初に1刀抜き打ち斬りした後に、六段斬り)
修了試験は六段斬り、七段斬りを

マーカーで赤線を引いた1本の畳筒を、

赤線に沿って斬る

修了者  箇条目録


◇箇条目録の修行内容
・杭に固定しないで立てた畳筒の斬り技を習得
・心が『無』にならないと成功しない、木刀による角材斬りを習得

☆斬り台の杭を取り払った状態で、畳筒を乗せて斬る
 

☆木製の台に掛けられた角材を木刀で斬る
角材は新聞紙のみで吊るされていて、印を付けられている。  

印の真上を斬る


箇条目録修了者  中目録免許

◇中目録免許
○木刀による打ち込みの開始
☆鎬を使った捌き

○柄を使った技の訓練
  
・小太刀も同様


○槍の教程開始

○棒、杖の技

○刃引き真剣での組太刀(くみだち)

あくまでもゆっくりと行い、体裁きと技の理合を学ぶ。
決して、相手に刀を触れさせないこと。

中目録免許修了

 

最終段階

○通称『撃剣竹刀』という硬質ウレタンの剣を使用した攻防訓練を開始
 ・反射神経の訓練に役立つ
○技斬り(下から斬り上げて空中に残った畳を斬る)
鬼斬り (3枚巻斬り)

中目録免許修了者、大目録免許

◇大目録免許(阿部派一刀流 師範代)
☆初心者に中伝まで確実に指導が出来る
☆大目録免許として相応しい高潔な人格が備わっていることが理解出来たら修了

 

大目録免許皆伝
☆称号授与(一刀斎など)あるいは自ら武名を名乗れる。

 

 

購入した刀剣のメンテナンスについて

・刀が曲がった、刃こぼれした。一般的な長さ 69㎝程度なら46,000円

(3㎝で2,000円として考えます) 


・切れ味を戻す(寝刃(ねたば)合(あ)わせ)1振り、5,000円 

 畳筒30~35本斬ったら行うべき

 

 

最後に


      剣が導く禅の境地~  

・阿部派一刀流では、

剣の修行を通し得られる満たされた精神状態、即ち禅により

ストレスから解放された精神状態を流派の最大の要と捉えている。

 

生きていれば不安や悩みに心を覆われる時がある。

その状態から自らを解放する答えの一つを禅が示す。

禅というものを体験するのに瞑想はその入り口とされている。

 

・修行を行う上で最重要視しているのは、

【素振り禅】と名付けた独自の瞑想方法である。
木刀や居合刀を振るいながら、

独自の呼吸法により精神の淀み、

曇りを断ち斬っていく。

 

日本刀には、神が宿るという思想を古来より日本人は抱いてきた。

 

戦国時代が終わり、

平和で満たされた江戸時代でも

侍たちは剣を捨てなかったのには

剣を通じての禅の修行という面がある。

 

 

・剣を通じた禅の修行は自らを鍛えることで、

諸行無常と称される

移り変わりの激しい社会を生き抜く

精神力を身に付けさせる。

 

 

・禅の修行には終わりがなく、

そして苦痛がない。

 

不安や悩みにさらされされやすい精神には、

禅は甲冑であり未来を切り拓く剣であると言える。

 

・日本刀文化の保護活動にも力を入れている。

 阿部派一刀流は、

 日本刀文化の存続も活動の一部に据えており、

 刀匠の後継者の育成にも力を入れていく所存である。

 

 お問い合わせ先
◆阿部派一刀流 抜刀道に関する お問い合わせは
 dream@waja.gift まで
 
 ◆ 件名に【抜刀道】と記入し
 ◆ 本文に・お名前
      ・連絡のとれやすい 電話番号
      ・ご用件
   をご記入してください
   追ってご返信致します。
 



 

★公式HPです。

ABE FACTION SABER WAY

 

フェイスブックです。

https://www.facebook.com/阿部派一刀流-850762608321882/

 

★★私の記事がまとまっています。

www.waja-next.com

 

 

 

 

 

★★★『昨日より今日はもっと×2!素敵』BLOGへのリンク

www.waja-next.com

 

 

★★★素敵なみなさんが参加しています。

www.waja-next.com

 

こちらもご参照下さい。